ホーム>Staff Blog スタッフブログ>2017年11月

2017年11月

メンテナンスの重要性

2017112815146.png京都で車の長持ちコーティングといえばでお馴染みの、この道24年の職人が磨く店のケーズファクトリーで御座います。

こちらのオデッセイですが、毎年、この時期になるとメンテナンスをご依頼頂きます。

新車の時に当店で長持ちコーティングを施工して頂いて、かれこれ5年になりますが、ほぼ新車並みに綺麗さを維持できております。

コーティングとは磨きの技術、最新のコーティング剤、そしてメンテナンスです。

これらが三位一体となって効果が最大限に発揮されます。

H様毎度毎度、ご利用真に有難う御座います。

追伸:早割キャンペーン(もれなく当たるクジ引き豪華賞品あるよ)はまだまだ絶賛受付中です♬

 

 

ステップワゴンに当店自慢の長持ちコーティング♬

2017112514429.jpg京都で車の長持ちコーティングといえばでお馴染みの、ケーズファクトリーで御座います。

当店では最新のコーティング剤を各種取り揃えております。

しかし、コーティングの性能を引き出す技術が無ければ、宝の持ち腐れどころか、むしろ逆効果にさえなるのです。

磨き、下地処理こそが大事なのです。

当店では京都の地で24年、総施工数3000台以上の職人が真心こめて磨きます。

お客様のお車の状態に合わせた、各種コーティング、コンパウンド(磨き剤)の最適な組み合わせを提案させて頂きます。

本日はご利用有難う御座いました。

手洗い洗車の流れ

20171123165333.jpg

(写真はイメージです)

京都で車の長持ちコーティングといえばでお馴染みの、この道24年の職人が磨く店のケーズファクトリーで御座います。

お陰様で当店では数多くの車の長持ちコーティングをご依頼頂いております。

皆様は車のコーティングってどんなイメージをお持ちでしょうか?

「そんなのWAXを掛けるのが、めんどくさいからコーティングするんだよ」とお思いかと思います。

確かにその通りで、車にコーティングを施工するとWAXを遥かに上回る保護膜で、長期間塗装面を保護するので、WAXの手間から解放されます。

ただ、WAXはいらないのですが、手洗い洗車は是非ともして頂きたいのです。

手洗い洗車をすると更にコーティングの保護効果が長期間期待できますよ。

手洗い洗車の大まかな流れですが…

①傷防止のためにまず、ボディ表面にたっぷりの水をかけ、汚れをふやかします。

②コーティング専用シャンプーをたっぷりとスポンジに含ませて、高い所から順番に汚れを下に落とす感じで、優しく洗っていきます。

③足回りは一番最後(足回りの汚れでボディに傷を付けない為)にします。

④高い所から順番に、泡が完全に無くなるまで(泡が残るとシミの原因になります)、たっぷりと水を掛けます。

⑤吸水性の良い柔らかい布(マイクルファイバークロスがオススメ)で水分を残さず拭き取ります。

以上ですね。ただ、これからの冬到来です。

ご自分での手洗い洗車は中々の苦行だと思いますので、当店にご依頼頂ければコーティング膜を更に強化する「スペシャル洗車」のメニューがございますので、お気軽にご利用ください。

 

 

 

 

後悔しない車のコーティング 新車の時だからこそ...

2017112116459.jpg

京都で車の長持ちコーティングといえばでお馴染みの、ケーズファクトリーで御座います。

お車にコーティングをされるのは断然、新車の時がお勧めです。

当然、新車の時が一番きれいな訳ですから、その状態を長期間維持できる方が圧倒的に合理的なのです。

また、コーティング未施工で使用期間が長くなればなるほど、小傷や雨染み等が増えてきます。

其の状態でコーティングを施工すると、傷や雨染みごと閉じ込めてしまいますので、研磨が必要になります。

研磨というのは傷の深さに応じて塗装面を削る訳ですので、削れば削るほど塗装膜が薄くなります。傷り過ぎると下地が見える場合もあります。

新車の時に施工すると研磨量が極僅かで済みます。

ですから、万が一再施工となった場合でも、塗装膜が沢山残っているので、安心です。

近頃、新車ディーラーでもコーティングをオプションで施工される場合が有りますが、是非とも当店の様なプロショップで施工されることをお勧めします。

塗装の研磨は必要最小限の研磨量で、最大の効果を出さないといけないので、かなり熟練の技を必要とします。

ですから、当店のようなこの道24年の職人が研磨した方が、断然仕上がりに差が出るのです。

磨きのコダワリは頑固でもフレンドリーなお店ですので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

車のルームクリーニング(内装の掃除)の必要性(少しヤバイ話です)

京都で車の長持ちコーティングといえばでお馴染みの、この道24年の職人が磨く店のケーズファクトリーで御座います。

今日はコーティング以外(実はコーティング以外も色々やってます)の話を少しさせて頂きます。

お車のボディを綺麗にするのは当たり前ですが、車内の清掃(ルームクリーニング)をされる方は少ないかもしれません。

ボディと違って車の内装は影になる部分が多いので想像以上に汚れている事に気が付きません。

20171120162137.jpg

特に汚れが酷くなり易いのがシートの下回りやフロアカーペットです。

髪の毛や食べ物カス、更に飲み物がこぼれたりすると直視出来ないくらいオゾマシイ状態になります。ダニも繁殖してしまいます。

20171120162217.jpg

更に見落としがちなのが、エアコンの吹き出し口です。

吹き出し口にたまった有害なホコリが顔にめがけて飛んできます。

考えただけでも恐ろしい話ですね。

当店では殺菌作用のある強力クリーナーと汚れを粉砕する特殊器具を使用しています。

目安としては新車の購入から半年も経てば結構ひどい状態になってます。

自分の車は良く分からない方は当店で汚れ無料診断をさせて頂いてますので、どしどし、お問い合わせください。

 

 

 

新型N-BOXに当店自慢、長持ちコーティング

20171118164511.jpg京都でクルマの長持ちするコーティングと言えば、この道24年の職人が磨くお店のケーズファクトリーで御座います。

当店では最新のコーティングの性能をさらに引き出す匠の磨きを売りにしております。

職人のお店だと入り難いな~とお考えのお客様。

ご安心ください。

磨きは妥協がない匠ですが、いつも笑顔でフレンドリーなお店ですので、お気楽にお問い合わせくださいね♬

 

車の窓ガラスのウロコは危険です

201811616913.jpg

京都で車の長持ちコーティングといえばで、お馴染みのケーズファクトリーで御座います。

皆さんのお車の窓で気になった事は無いでしょうか?

雨の日に外の景色が見にくい事は有りませんか?

ボディと違って窓ガラスの視界は命の危険とも直結するのです。

これが単なる油膜で有れば、油膜除去スプレーで何とかならなくもないのですが、

雨や水道のミネラル成分が固着してしまっているとなかなか取れません。

普通の車屋さんで相談すると大抵ガラスの交換を提案されます。

なぜなら、ガラスのウロコを除去するのはプロでも手こずるほど大変なんです。

代弁するなら、「こんなに手間が掛かるならやりたくないよー」

ですが、安心してください。

当店では、磨きを極めてこの道24年の職人が独自に開発した専用機材と液剤を使用して、すっきりした視界を蘇らせて見せますよ。

私の車はどうかしら?と思われた方。お気軽にお問い合わせください。

無料のウロコ診断も受け付けてますので、是非ご利用ください。

 

 

お陰様で早割キャンペーンも話題沸騰です。

車の長持ちコーティング、京都で車のコーティングでお馴染みのケーズファクトリーで御座います。

どうも有難う御座います。早割キャンペーンのご予約が殺到して、施工可能枠がドンドン埋まってきており、嬉しい悲鳴を上げております。

クジ引きも豪華特典をご用意していますよ。

是非、お早めに♬

 

 

 

車の長持ちコーティングが話題沸騰です♬

20171118164150.jpg

当店の話題沸騰!車の長持ちコーティング(各種有ります)

コーティングの長持ちの秘訣は何といっても下地処理(磨き)にあります。

コーティングの事なら何でもお任せの、この道一筋24年の匠の職人が丹精込めて磨き上げます。

この素晴らしさを全ての人に是非とも体感して頂きたい!

っという事で12月1日から1月31日施工分までを、早期にご予約頂いたお客様にもれなく当たる「早割りクジ引きキャンペーン」を開催します。

年内も施工枠が残りわずかとなっておりますので、ご予約はお早めに宜しくお願いします♬

追伸:ご安心ください代車もありますよ♬

 

 

PAGE TOP